お店が遠い人には宅配買取

わざわざお店を訪れなくても済む

お店にブランド品を持っていき、買取ってもらう方法は店頭買取と呼ばれています。しかし、近くにお店がないのなら、店頭買取を利用するのは難しいでしょう。そのときは、宅配買取と呼ばれる方法を用意してくれているお店を使えば、100キロや200キロ離れているところでも簡単に売却ができます。なぜならば、名前の通り宅配を利用して売却ができるお店だからです。ダンボールに売りたいブランド品を詰めて、送るだけで売却できるという使い方なのでまったく難しくはないシステムです。『宅配料金が発生するのだから損をする』と考える方もいるでしょうが、最近では送料無料に設定しているお店も多いので、余計なお金を支払わずに宅配買取を活用できます。

宅配買取を利用するときの送り方

宅配買取を利用したい場合、まずは対応するお店のホームページを探すことから始めましょう。対応しているのなら、どこの都道府県にあるお店でも利用できる場合がほとんどです。ただし、対応しているからといって、いきなりブランド品を詰めたダンボールを送ってはいけません。宅配買取を利用したい場合は事前の申し込みが必要なので、必ずホームページで手続きをしてから送るようにしましょう。お店によってはブランド品を入れるダンボールなどの梱包品を送ってくれるため、用意するのが勿体ないのなら、そのようなお店の選定をおすすめします。手続きが終わったのなら、コンビニなどから送るのもよいですし、宅配業者に自宅まで集荷にきてもらうのもよいでしょう。