保証書などの付属品と一緒に売る

保証書の内容と重要性

使わなくなったブランド品を破棄するのは勿体ない、だけどせっかく高い値段で買ったり頂いたものだから安値で売るには気がひける、などと自分の手元に残したままという人は多くいます。ブランド品を高く買取ってもらうためには買った当時と同じ品質を保持していることは大切ですが、なかなかそうはいきませんよね。高く買取ってもらうにはブランド品の購入時についていた付属品が大きな鍵となります。ブランド品を購入すると多くの場合そのブランドが発行する保証書がついてきますが、この有無により査定額が大きく変動するのです。保証書は偽物ではなく本物であることの証明書であるとともに、ブランドによってはメンテナスや修理を受けることができるので、とても大切なものであることがわかります。

グレードを判定した鑑定書

ブランドを購入するとブランドが発行する保証書がついてきます。この保証書はブランドが製造したものであるという証明書のような重要な役割を担っているのです。そのためブランド品の買取で保証書は価格設定に大きな影響を及ぼします。この他にも宝石などには鑑定書がついてきますが、これは宝石鑑定士が宝石のグレードを判定したものです。宝石にはグレードがあり大きさや透明度、傷の有無や色などによりそのグレードを判定しますが、この鑑定したものを鑑定書と呼びます。保証書や鑑定書の他にブランド品が入っていた箱も重要で、箱だけの売買がインターネット上で行われているほどで、それだけを見てもその重要性がわかります。この他にも時計の場合は余りコマなど一見必要のないものとして処理してしまいそうなものでも、買取価格は大きく変動するのです。